スター・マイカ 株式分割・増配・自己株式消却

以前の東証1部昇格候補であり、見事1部に昇格したスター・マイカ(3230)が1:2の株式分割、増配、自己株式消却を発表した。

https://www.starmica.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/08/170821kabushikibunnkatsu.pdf
https://www.starmica.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/08/170821jikokabushikisyoukyaku.pdf

1部昇格後も業績が良い、将来性がある銘柄は売らずに持つことにしています。
スター・マイカもこの例のひとつですが、株主に配慮した期待通りのことを発表してくれました。
明日からが楽しみです。

日進工具 ラクト・ジャパン 東証1部昇格

東証1部昇格候補の日進工具(6157)とラクト・ジャパン(3139)の東証1部指定が承認されました。
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1509754
http://file.swcms.net/file/lactojapan/ir/news/auto_20170817458144/pdfFile.pdf

ただし、両者とも同時に売出しの発表もしています。
この点は残念です。
最近は昇格と売出しをセットにするパターンが多いですね。

田辺工業 株主優待新設・立会外分売実施

田辺工業(東2・1828)が8月4日に株主優待の新設と立会外分売の実施を発表した。
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1503399
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1503398

東証1部昇格狙いの匂いがします。

今年3月末での株主数は1,747名と東証1部基準にはあと1歩というところです。
また、今年4月に株式分割も行っており、ここに来て株主優待新設と立会外分売の実施ですので株主数を増やそうする意図としか思えません。

優待・分売・株式分割のコンボは東証1部昇格シグナルが点灯したと言ってよいでしょう。

ペッパーフードサービス 1部昇格

ペッパーフードサービス (3053)の東証1部指定が承認されました。
http://www.pepper-fs.co.jp/_img/ir/lib/2017/PFS20170808.pdf

5月にマザーズから東証2部に移って、3ヶ月ちょっとで1部昇格です。
業績は好調ですが、PER 34.5と割高な水準にあります。

マザーズから東証2部に移ってきた銘柄は1部昇格意欲があるのか見極めるのが難しいです。